pc.jpg
送料振込手数料などの経費を安くする方法は?」
落札価格を、今の倍以上にできないだろうか?」
「どうすればオークションで100万円も稼げるんだろう」


もしも、上記の様なことでお悩みでしたら、次の事を試してみて下さい。

  1.このサイトの記事を読む  2.オークションで実行する 

このサイトで紹介するテクニックが、あなたのお役に立てれば、幸いです。

←左のカテゴリから、気になる記事を探してください。


2013年05月17日

発送方法の提示は・・・

オークションにおける「商品の発送方法」には、主に

A:普通郵便/冊子小包
B:ゆうパック
C:民間の宅配便


の3つが挙げられます。

Aのメリットは、「送料が安い事」です。

そのため、送料が落札者負担である場合、多くの落札者が商品の発送方法にこれを選択します。

ただ、商品が小さい場合はいいのですが、大きなものは当然利用できません。

大きな商品を出品したとき、たまに「何とか冊子小包で発送できませんか?」と無理難題を押し付けてくる人がいますが・・・困ったものです。

また、Aの場合は貨物事故の際の補償がありませんので、高価なものや希少価値の高いものを送る場合は、利用を控えた方がいいでしょう。

その点、BとCなら配達員が直接受け取り人に手渡してくれますし、万が一の場合の保障も付いています。

その分送料も高くなり、会社にもよりますが小さいものでも最低500円位からになってしまいます。

この送料を安くする方法はありますし、このサイトでもご紹介していますので参考になさって下さい。


以上の事から、発送方法の提示は最低でも2種類を提示する必要があります。

つまり、

1.事故補償はないが、送料が安い方法
2.送料は高いが、保障がついている方法

の選択肢を、落札者に提示できるようにしましょう。

AとB、あるいはAとCの組み合わせです。

(大きな商品はAの選択はできませんが)

発送方法に敏感な落札者はたくさんいますので、最低でもこのくらいの気遣いは必要でしょう。

この穴も覗いてみてネ♪→  コッチもよろしく♪→
posted by ヨッシー at 10:28| Comment(0) | 商品発送テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
もっと大きく簡単に稼ぎたい人は、このページをのぞいて見て下さい(‘_‘)<★


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。