pc.jpg
送料振込手数料などの経費を安くする方法は?」
落札価格を、今の倍以上にできないだろうか?」
「どうすればオークションで100万円も稼げるんだろう」


もしも、上記の様なことでお悩みでしたら、次の事を試してみて下さい。

  1.このサイトの記事を読む  2.オークションで実行する 

このサイトで紹介するテクニックが、あなたのお役に立てれば、幸いです。

←左のカテゴリから、気になる記事を探してください。


2007年10月07日

入金方法の選択

オークションの入金方法で悩まれる方も多いだろう。

オークション稼ぐ上で、このような細かな事にきを配る事も重要です。

とはいっても、オークションにおいてその選択肢は限られています。

代表的なのが、イーバンク銀行ジャパンネットバンクぱるるの3種になります。

出品時は、このいずれかの2つは提示するようにします。

ネットバンクをお持ちでない方は、必ず作っておきましょう。

振り込み手数料が安く、口座の確認が24時間可能なのでかなり便利です。

オークションでお金儲けをする人には、必須アイテムです。
posted by ヨッシー at 01:56| Comment(0) | 出品テクニック(基本編2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

落札代金を切手払いに・・

ネットオークションにおいて落札価格が小額の場合、商品代金の振込手数料の方が高くつくこともあります。

イーバンク同士なら問題ないのですが、落札者にとってはキビシイ所ですよね?

そこで、落札代金の支払い方法に、切手や商品券での受け取りOKと加える事をお勧めします。

物々交換に近い感覚になってしまいますが、これを提示するとしないでは、入札件数にも差が出てしまうのです。

驚いたことに、10%〜15%ほど伸びるんですね。

これだけで、入札数を稼げるのなら、やらない手はありません。

いずれにせよ、双方にとってメリットとなる事は間違いないので、ぜひお試し下さい。

posted by ヨッシー at 07:00| Comment(0) | 出品テクニック(基本編2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

検索エンジン対策でアクセスアップ!

商品説明ページのアクセスを稼ぐ方法として、手持ちのメディア(ブログやHPなど)から誘導する方法があります。

商品説明ページへ大量のアクセスを送る事が出来れば、落札額UPへの効果は半端ではありません。

しかし、自分のブログやHPがアクセスの少ないものであった場合、その効果も期待できません。

そこで今回、その自分のサイトを検索エンジンで上位表示させる技術(SEO対策)について、お話しようと思います。


一般に、検索エンジンで上位表示される為の技術として、「サイトの構成(キーワード出現率など)」「相互リンクの質と量」の重要性が説かれています。

ですが、この2つに限って言えば、これらはさほど重要ではありません。

本当に大切なのは、「自サイトへの披リンクの属性と量」なんです。

「SEO対策済みテンプレート」などをよく耳にしますが、殆んど効果はありません。

メチャクチャ手間が掛かる相互リンクも、同様です。

狙っているキーワードの組み込まれたテキストリンク・・しかも、1方向のリンクをたくさんの「属性の合ったサイト」から貰う事で、自サイトは1ヶ月も経たない内に検索エンジンで上位に表示されるのです

検索エンジンで上位表示が可能になると、アクセスは大爆発します。

しかも、完全に無料なんですね・・・。


まさに、最強のアクセスアップ対策というわけです。


この穴も覗いてみてネ♪→  コッチもよろしく♪→


posted by ヨッシー at 14:11| Comment(0) | 出品テクニック(基本編2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

有料オプションは使うべきか?

ヤフオクでは、出品物を目立たせる為の有料オプションが幾つかあります。

主に次の様なものがあります。

・注目のオークション
・太字テキスト
・背景色
・ギフトアイコン
・即買い価格設定
・最低落札価格設定


何れも5〜50円と割安ではありますが、積もり積もれば結構な出費になる事に変わりはありません。

これらを利用するかどうかで悩んだ方もいらっしゃるでしょう。

果たして効果はあるのでしょうか?

実は、これらのオプションの殆んどは、利用してもあまり効果は得られません。

利用するだけお金の無駄と言ってもいいかもしれません。

ただし、注目のオークションだけは例外です。

使うと使わないでは、アクセス数に天地の差が出ます

ただ、一日あたりの料金が他の出品者との競合入札によって決められてしまいますので、ライバルの多いカテゴリではどうしても高額になってしまいます。

お金に余裕があれば、活用する価値は十分にあるでしょう。

また、1度に複数の出品をする場合は最も人気のある商品の出品にだけ「注目のオークション」を付け、そこから他の出品にアクセスを誘導するという手を使う事で経費を削減する事もできます。

このオプションを付けるのは、出品期間の最終日だけで結構です。

いくらアクセスが多くても、出品期間に余裕があるとすぐに入札してもらえる可能性は低いと言えるからです。


アクセスが伸びないと言うのであれば、「注目のオークション」を利用してみては如何でしょう?


 ★その他のお役立ち情報はこの穴から⇒
posted by ヨッシー at 12:02| Comment(0) | 出品テクニック(基本編2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
もっと大きく簡単に稼ぎたい人は、このページをのぞいて見て下さい(‘_‘)<★


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。